2008/07/11

チャコの主張

みなさま、こんばんは。
【にゃんにゃんの主張】の時間です。
私、司会の猫山茶太郎が御案内いたします。
どうぞ最後までご覧ください。
本日はアコベ~さん宅のチャコさんが登場します。

チャコさんは巨大食道症という病気を抱えながら生活をしています。
山あり谷あり、手術もしたそうですが今年6歳になるそうです。
では、チャコさん、よろしくお願いします。

チャコの主張①


チャコの主張②


チャコの主張③


チャコの主張④


チャコさん、どうもありがとうございました。
では、みなさん、また来週お会いしましょう。
ごきげんよう。

**************(=^・^=)***************

こんな番組があったら面白いのになぁ・・・
毎週、かかさず絶対観るんだけどな。

チャコはカリカリが食べたくて食べたくて、仕方がないようだ。
3階に行ってみたり、2階に来てみたり。
チャコが一番多く、往復していると思う。
2階のフードは時々しまい忘れてチャコが食べているのに気付き慌ててしまうこともあるけれど。
そんなチャコを見ているとかわいそうな気もする。
せめて味だけでも楽しんでもらえたらと粉のカリカリをお皿にパラパラとだすと、
とても喜んでお皿をキレイに舐めている。

フードはベッツプラン メールケア を使用している。
ここのところこのフードで落ち着いている。
もうそろそろベッツプラン エイジングケア も必要かな。

日本最大の動物病院・本間獣医科医院だから人気商品が格安!

(=^・^=)本間アニマルメディカルサプライ(=^・^=)


2008/06/25

猫の魔法使い

猫の魔法使いは人間には見えません。

猫の魔法使いは地球に住む猫達にも見えません。

猫の魔法使いは雲の上から地上を見下ろし、

鋭い眼と三角にとがった耳で地球の猫の様子を見ているのです。

アコベ~さんには通りたくない道があります。

なぜなら、その道で猫に会う機会が多いからです。

できることなら外で暮らしている猫に会いたくないと思っています。

ところがある日、どうしてだかわかりませんが通りたくない道に行ってしまいました。

なぜだかアコベ~さんにもわかりません。

するとほこらに横たわる黒猫がいます。

黒猫のそばに吸い込まれるように近付きました。

猫の魔法使いは雲の上からアコベ~さんに魔法をかけました。

魔法をかけられたアコベ~さんは黒猫を抱きかかえ捕まえる事に成功しました。

自転車のカゴに入った黒猫を確認した猫の魔法使いは言いました。

『アコベ~さん、その猫をよろしく頼む』
『あなたの家の14匹目になる黒猫だ・・・ニャハハハハー』

まんまと魔法にかかったアコベ~さん、次はいつ魔法にかけられるのでしょうか。

それは雲の上にすんでいる猫の魔法使いしかわかりません。

・・・・・黒猫クゥちゃん編・・・・・

【おしまい】

=^_^=**********=^_^=***********=^_^=

猫の魔法使いに魔法をかけられた、かつおさんから里親募集です!

★蟲と戦う小さな戦士 元号仔猫の里親募集★

本館の里親募集にもアップしました。
是非、そちらもご覧下さい。

凡太、13匹目
凡太@携帯


凡太@携帯



2008/01/29

肉球圧のマッサージ店

『いらっちゃいにゃぁ』
『今日はアコベ~さん、お疲れの顔ですにゃぁ』

『ベル先生、今日は全身マッサージをお願いしますにょ』

『はいはい、ではあたちの肉球で全身を揉みほぐしていきましょうにゃ』
『もっと強力な肉球圧が希望にゃら、担当はイチ先生にしましょうかにゃ』

『そうですね~・・・今日はベル先生の肉球でお願いします。』

『はい、ではここに寝そべって背中を上に向けてくださいにゃ』
『では失礼して乗りますにゃ』

『あ~~ベル先生、気持ち良いですぅぅ』

『そうですかにゃ、ただ乗って歩いているだけですにゃ』

あこべ~のふくらはぎから頭まで、何度も往復するベル先生。

『ベル先生の肉球圧は不思議とツボに当たるんですよ』

『そうにゃんですか。デタラメに歩いているだけですけどにゃ』

『ベル先生、ありがとうございました』
『おかげで体がずいぶんと楽になりましたにょ』
『今日はおいくらでしょうか?』

『はい、今日はきびなご3個と花かつおをひとつまみで良いですにゃ』
『あとはイチ先生が待ってますにゃ、ちょっとゴシゴシしてあげてくださいにゃ』

『え~~そんなんでよろしいのでしょうか!!』

あなたも行ってみたいと思いませんか?

肉球圧マッサージの店♪

肉球圧は気持ち良い


イチ★もっとゴシゴシしてにゃ





2007/06/17

古代エジプト

ベル


ベルちゃんソファの片隅にチョコリ。

遠い昔、古代エジプト。
イエネコの祖先もこんな感じで人間の側にいたのかもしれない。
ファラオに気に入られたイエネコは、
宮殿出入り自由で、気が向くとキラキラ煌く黄金の椅子に、
我が物顔で座っていたのかも。
威風堂々のネコの風格に、
時のファラオも魅せられたかもしれない。

ベルを見ていて想像しちゃいましたワ。

時には古代エジプトのファラオも、
愛らしい行動や姿にアハー♪って笑ったかも・・・。
ベル楽チン

2006/05/08

平成京

コネズミ首相、実は無類の猫好きだ。
彼は今、数年前の痛ましい哀しい出来事を考えていた。
心の中で叫ぶ。
世の中どうかしている。
何故、あんな惨い事が出来るのだ!

行き場のない怒りを抑えられず、
握り拳が強く震えている首相であった。

私の任期も残り僅かだ。
やはりアレを任期中にやりたい。
イヤ、絶対やろう!

首相は記者の前でぶちまけた。

『猫を守るべく城を作る計画があるんだ』

『首相が猫好きだったとは、初耳です』
『それで、その城とは、どういう計画なんでしょうか?』

『ウン、それは昔の平城京のイメージだ』
『今は平成だから、平成京なんてどうだろうか』

『・・・』
記者一同無言。

『私はやる。反対勢力、どうぞぉ』
『これは国家プロジェクトだ』
『現在寂しい町や村でも蘇る場所が出来る』
『人間と猫が共存できる、新しい形を作る計画だ』
『2020年迄に完成させたい』
『勿論、次の首相にも必ず引き継いでもらう』

こうして各機関を巻き込んでのプロジェクトの幕は開いた。
その名は『プロジェクトH』

***勝手に続く!***

この小話はフィクションです。
今日、思いついたので書いてみました。
色々想像していたら面白くて、
文章にしてみました。
書いていると結構長くなりますね。
そのうち、この続きは書いてみます。