2016/10/23

杉にゃんのホームページOpen

自宅の改修工事からお付き合いがある、ペットかぐ家具のホームページができました!
どこでご縁があるかわからないもので…

外猫暮らしのジジくん、モモちゃんのパパ・ママにもなっていただきました(^^)
幸せに暮らすジジくんとモモちゃん。
感謝です。

ご自身の生活の中にも猫ちゃんがいる社長ですから、杉にゃんに対する思いは猫好きさんと同じ目線です。
安心して使える天然木、純国産天然杉は爪とぎしたり木登りしたり、てっぺんでお昼寝したりとうちの猫ちゃんたちも気に入ってます。

ペットかぐ家具のホームページ➡︎http://www.pet-kagukagu.com









ちなみにハナちゃんが写っている画像には誰かが吐いた毛玉がありますが、これも拭き取れば汚れは落ちます。多少は木製品ですから跡にはなりますが全体を水拭きすると杉のアロマも感じたりするしキレイになりますよ。使えば使うほど、爪とぎ跡がその子の思い出になり味わいが増します。
縄巻きのプラスチックでは体験できません。
私は爪とぎ跡の傷を見て涙することがあります。
今はいない、あの子、この子を想いながら…

2014/06/12

キャットタワーについて思うこと

現在、我が家に設置しているキャットタワーは木製です。
今までキャットタワーは何度か購入しています。

一番最初に購入したのは過去の日記を読み返すと2004年9月18日でした。
当時のネコの頭数は10ねこだったようです。
初めて設置したキャットタワーは喜んで使ってくれて、日記にも大盛況!!と書いてありました。

2004年9月18日(=^・^=)新品のキャットタワー

新しい時は見た目も良く、部屋にも馴染んでいるし、猫達も喜んで使っているし、買って良かった!!と嬉しく思ったものでした。

ですが、買う時に考えもしなかったこと。
それは、繩巻がボロボロになるということでした。
考えてみれば、猫たちが爪とぎをするのだから縄が消耗していくのは当然なことなのですよね。

ところが破壊は想像以上でした(-_-;)
どんな具合に破壊が進んだか、写真を載せてみました。

とかなんとか言いながら、懐かしいカワイイ写真を単にここに載せたいだけだったりして~(^^♪

2005年7月撮影
チャコ&花も若いなぁ。
あっ、キュウくんも写ってる。
1年経たずして、すでに縄が垂れ下がってしまいました。

2005年7月撮影(=^・^=)1年経たずして縄が・・

2005年11月撮影
ベル&メイ・・死んでしまったベル・・逢いたいよ。
益々破壊は進んできました。

2005年11月撮影(=^・^=)破壊は進む

2006年8月撮影
イチ、カワイイ♪
垂れ下がった縄を結んだりして、取り繕っていますね(~o~)
垂れた縄に物をぶら下げて遊び道具にしています(笑)
カバーのような物も使い方が激しいせいか接着剤が剥がれて取れてるし。

2006年8月撮影(=^・^=)縄を結んだりして取り繕っています(^^ゞ

2007年11月撮影
縄が・・・ない!
凡太、去勢手術時でも元気な様子。
この頃になるとキャットタワーも末期状態・・
見ればわかりますよね。

2007年11月撮影(=^・^=)末期状態(-_-;)

その後、末期状態のキャットタワーを見かねて2008年11月頃ネット通販購入。
安かったこともあり新しいキャットタワー、繩巻タイプで天井突っ張りを2台買いました。
どこのキャットタワーかは言いませんが、多頭の我が家には不向きでした。
すぐにボロボロ、前回のキャットタワーより縄巻きが弱く、柱のプラスチックがすぐに丸見えになってしまいました。

結果は我が家のような多頭飼いには繩巻タイプのキャットタワーは不向きだということがわかりました。

爪とぎは猫たちの健康のバロメーターだと思っています。
なので、爪とぎしたい気分の時に思いっきりバリバリやってもらいたい。

例えば病気で具合が悪く心配していたネコちゃんが爪とぎした瞬間、感動した方も結構多いと思います。

猫からしたら、ここで爪とぎしてなぜいけないの?
人間は、これは家具だからいけないの!

ねこと人間の、そんなギャップをなくしたいという思いも理由のひとつでリノベーションをした我が家です。
リノベーションから続いているご縁のおかげで、ようやく多頭の我が家に適したキャットタワーが見つかりました。

奥会津の天然木で作っている純国産キャットタワーです。

どんなに爪とぎをしても繩巻のように縄が切れません。
逆にキャットタワーの爪とぎ跡は、まるであの歌のように過去を振り返ったとき、懐かしささえ感じることと思います。

♪柱の傷はおととしの~5月5日の背比べ~・・♪
きっと、あ~これは、あの子が爪とぎしていた跡だな・・などと今現在でも思っている私です。
これが何年か経ち、寿命を迎えた子をキャットタワーの傷を見ながら思い出すのかな・・

毛玉など嘔吐すると、確かに木製なので浸み込んで、多少跡が残ります。
これは拭いても完全には消えません。
ですが、私は気になるほどの汚れではないです。

ペットかぐ家具 楽天市場店

楽天に出店しているペットかぐ家具は奥会津産の木材を使い、天然木、木製キャットタワーを製作しています。
確かに繩巻のキャットタワーと比べるとお値段は高いですが、長く使えることを考えるとお得です。

天然木の杉の木のキャットタワーは我が家のねこたちにも好評です♪

ペットかぐ家具 楽天市場店のモデル猫で多数みにゃさまが出ています♪

リノベーションから続いているご縁もさることながら、ぺっとかぐ家具店長のキャットタワーなどの物造りに対する熱意に感動し撮影にも協力させてもらいました。

我が家が購入した天然木、キャットタワーは↓コレです。




2013/01/28

遺骨と遺影

昨年、リフォーム(リノベーション)をした我が家です。
リフォームがあっちも、こっちもとなり、最初の話からはだいぶ大きな工事となってしまった我が家です。

リフォーム前の写真も撮っているので、before and after を載せたいと思いながら日々が過ぎていきます。

リフォーム後、やはり気になるところもでてきたりして、リフォームを施工した会社に連絡する方も多いのではないかと思います。
今日は気になるところを直しに来てもらいました。
リフォームの最中は毎日、顔を合わせていた職人さん、なんだか懐かしく感じました。

そんなわけで、今日はリフォームの写真を載せます。

リビングにある吊戸棚には遺影と遺骨を安置しています。

リフォーム時に遺骨を安置できるスペースを作りたいというのも希望のひとつでした。

ペットの遺骨の安置場所に決まりはあるのかな?と疑問に思ったのでネットで検索してみました。
私が調べた結論は、特に安置場所に決まりはないと言うことでした。
いつでも見える場所で、尚且つネコちゃんたちにイタズラされない場所に安置しないといけません。

現在、安置されている場所はリフォーム当初から遺骨の安置場所に決めていたわけでもありません。
逆にリフォームの最中、ここに遺骨があったら・・と想像すると、なんか変かも・・という感じでした。
ところが、リフォーム完成後、ここに遺骨と遺影を安置したら、想像とは裏腹に良い感じに収まりました。
だけど、もしも遺骨が増えてきたとしたら全部は置けません。
2段にするしかないかな(笑)

時折、遺影を眺めては名前を呼んでいます。
PCに向かっていると、丁度、背後に遺骨と遺影があります。
安置場所として、とても気に入っています。

遺骨と遺影

最初はスポットライトではなくペンダントライトにする予定でした。
リフォームの最中にスポットライトの方が邪魔にならず、明るさや、向き、位置も調節可能で便利そうなので変更しました。

キッチンはイケアの物で、水栓はグローエジャパン製です。
タイル張りのキッチンって珍しくないですか?

こちらのタイルはリフォーム業者の社長のアイデアなんです。

キッチン

で、キッチンだけでは、せっかくのタイルが目立たないので壁もタイルにしました。
壁のタイルは私のリクエストです。
ここにも収納棚を作ろうかという話もありましたが、既に収納スペースは十分なのでタイルを貼りました。

タイルの色ですが、これはリフォーム業者の営業さんにお任せしました。
お任せした色ですが、部屋にもマッチして良い感じに仕上がりました。

タイル張りの壁

リフォーム(リノベーション)をして快適になりました。

発端は木製のソファが作りたい!から始まったリフォームです(笑)

イーライフ株式会社 建物コンビニ倶楽部

アフターフォローも手厚いとのこと。
今日も、職人さん、ありがとうございました。

2012/11/29

ペットディフェンスに張替え

9月に3階の網戸を張り替えました。
網戸を張り替えようかな?としばらく悩んでいましたが、網戸下側の網が外れ、ベランダに通じる網戸なのですが何気なく見たら破けたところから出入りしているではありませんか!!
やだ!いつからなのだろう?とビックリしたのが8月末頃。

あわてて点呼してみたら全員いました。(ほっ)

もう網戸を張り替えなくては限界。
どうせなら丈夫で長持ちしそうな網に張り替えたいと調べてみたら、ありました。

従来網戸に使用されていた『PP製』のネットに比べて強靭で、猫ちゃん・ワンちゃんなどの引っ掻きでは簡単に破れないというペットディフェンス。

一般的網戸張替えの料金より高いので3階はペットディフェンスに、1階、2階は普通の網戸に張り替えました。

三平&ふじ 男の子同士

三平&ふじ
同じ地域にいたので血縁関係があるかもしれません。
ひとつ何かが違っていたら、今でも外にいたかもしれなかった三平&ふじ。

この写真は最近撮影した写真ですが、今のところ引っ掻いて破れたところはありません。
ペットディフェンスは爪をたててもよほどのことがない限り破けることはないと思います。
とにかく丈夫です。

張替えの料金は高かったです(涙)
でも今はペットディフェンスにして良かったと思っています。

ただ、視界は普通の網戸より良くありません。
目隠しになってイイかもしれませんね。

三平

ふじ

~愛の行方 一コマ劇場~
愛の行方 一コマ劇場

三平&ふじはチーム2階のメンバーでした。
リフォーム前は2階、3階に分けて暮らしていたので、同じ部屋で全員が生活するのはリフォームがきっかけでした。
それで、チーム3階、チーム2階と言っているのですが、チーム2階の方が明らかに強者揃いです。
これは意外でした。
2012/06/15

天然木の箱型おもちゃ

天然木でキャットタワーのオーダーをしましたが、もうひとつ、天然木の箱型おもちゃもお願いしました。
当初、2階、3階に1組ずつ設置する予定でしたが3階が猫の住空間になっているので2組とも3階に置いてあります。


写っているのは、ふじ&ハチ
猫部屋に設置したタワーと箱


ふじ
天然木の箱型おもちゃ:ふじちゃんがいます。


三平&ハク
天然木の箱型おもちゃ:三平とハク


凡太ったら、何やってんだろ(笑)
天然木の箱型おもちゃ:ふじと凡太


チャコ&凡太
天然木の箱型おもちゃ:チャコと凡太

補足ですが、3階の部屋は既存のままで何もいじっていません。
築18年かな?フローリング、壁紙も18年前のままです。
前々から猫たちが使っている部屋なんですが、部屋の中のクロスは爪とぎをしないので、とてもキレイです。
なんとも不思議です。