2013/04/30

行っちゃった

南ウィング出発便 12:51

南ウィング出発便 17:06

今日に限って携帯を自宅に忘れるなんて・・
暗い部屋で携帯のお知らせランプがピカピカ光っていた。
なんだか悲しくて・・アホー、マヌケー、ばかばかばか!(わたしのことです)
スポンサーサイト
2013/04/21

夕方から浅草

夕方から浅草へぶら~っと行ってみました。

夕方の浅草:外国人観光客が大勢いました。

観光地には外国客が増えているそうです。
東京・浅草寺、横浜・ラーメン博物館、金沢・兼六園など。

この日も浅草は外国語があっちこっちから聞こえてきました。

浅草寺や仲見世などライトアップされていて、とてもキレイでした。

ライトアップされている浅草寺☆彡

ライトアップで色彩がキレイ☆彡

スカイツリーもライトアップ☆彡

浅草大衆酒場、ニュー浅草で飲んで、食べて。。。

浅草のネコちゃん(=‘x‘=)

お店を出たら首輪をつけているネコちゃんがいました。
ゴハンの時間かな。


2013/04/14

世界のビール博物館inソラマチ

スカイツリーは今日も人で大賑わい!
昨年に続き2度目ですが、相変わらずの盛況でした。

今日は風がものすごーい!

スカイツリー展望台は強風の為、動いていませんでした。

そのため、展望台は中止となっていました。
まぁ、動いていたにしても、わたしたちが行った時間では残念な結果になっていたでしょうから、強風だったらスッキリ諦められて良かったかもしれません(笑)

ランチを兼ねて世界のビール博物館に行きました。

世界のビール博物館

ビール消費の世界地図

世界のビール5ヵ国

世界のビール博物館で飲んで食べて、ごちそうさま!

これはどこのビールだったかな?

ひっきりなしにお客さんが店に入るけど、オーダーはスムーズでした。
座った席から空になったグラスが次から次へと洗い場のカウンターに運ばれるのが見えました。
ホント、すごいグラスの量でしたよ。

たまには変わったビールを飲むのも楽しいです。
ちょっと高めだけどね。
ごちそうさま!

ソラマチも相変わらず大盛況でした。

江戸切子のグラス

展望台は無理ですが31階までは上れます。

31階からの眺め

土日祭日はまだまだ混雑が続くでしょうね。
今日はいろんなビールも飲めたし、楽しかったな♪
2013/02/17

吾妻山公園の菜の花

菜の花が見頃という記事が新聞に掲載されていたのは1月でした。
一面の菜の花の写真を見て、場所はどこかな?と記事を読むと神奈川でした。

神奈川なら行ってみたーい♡
ついでに温泉にも行きたーい♪ってことで温泉&菜の花見物に行きました。

そう遠くない場所に、この季節に菜の花が咲いている場所があるなんて!とびっくりでした。
菜の花と言えば南房総というイメージがあったのですが神奈川は二宮駅下車、歩いてすぐの場所に吾妻山公園はありました。

吾妻山公園と言うのですから山なんですよね(^◇^;)

吾妻山公園は山だった(^_^;)

菜の花は300段の階段を上った頂上に咲いているのでした。

香しい匂いでした( ̄^ ̄)

風にのってフワ~っとお花の良い匂いが漂っています。

300段上った頂上に、咲いていましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

菜の花がいっぱい(*^_^*)

かわいい菜の花(*´`)

富士山も見えましたヽ(´▽`)/

富士山もくっきり見えました。

くっきり富士山/^o^\フッジッサーン

菜の花見物にきている人たち。

菜の花見物のひとたち

吾妻山公園の頂上にはレストランなどはありません。
おにぎりやお弁当を持参して菜の花を見ながら食事をしている人もいました。

そろそろお昼ということで二宮駅から東海道線に乗り茅ヶ崎まで行きました。

駅ビルでお食事♪

茅ヶ崎駅ビルにて

茅ヶ崎と言うとサザンというイメージがあります。
駅ビル書店には桑田さんの特設コーナーが設けてありました(やっぱり)

駅ビルのトイレマークも可愛かったです。
男子トイレのマークはサーフボードを持った男の子でした。
女子はビキニの女の子かな?と思いきや案外普通の女の子でした。

トイレマークを見ながらキョロキョロしていたら親切なおばあちゃんが『出口?出口?』と話しかけてくれました。出口がわからなくなったと思ったみたいです。親切なおばあちゃん、ありがとうございました。もしや、おばあちゃんは出口がわからなくなった経験があるのかな?

デザートは焼きリンゴ

楽しい旅行でした(*≧∀≦*)

今度は春ウララ、暖かくなった頃に行きたいな♪
しばし、普段の生活から放れ、楽しく過ごしました。

2012/11/18

新江ノ島水族館:相模の海~深海

新江ノ島水族館には相模の海のお魚たちや、深海の生き物、クラゲが展示されています。
改めて感じたことは相模湾の海の中って、こんなにスゴイのね・・と驚きました。

世界に誇る相模湾だそうで、 暖流と寒流がぶつかる外洋の近くにあり、深海、岩場から砂浜、干潟まで様々な生態環境を持つ相模湾は世界に類を見ない多様な生物の宝庫だそうです。

相模湾大水槽

新江ノ島水族館にて:相模湾大水槽

右上の小さい魚の大群はマイワシだそうで、相模湾大水槽の見所なんですって。

新江ノ島水族館にて:相模湾大水槽

エイが優雅にひらひらひら~と泳いでいます。

新江ノ島水族館にて:イイダコ

イイダコの水槽です。
イイダコって煮て食べると美味しいんだよな~なんて思いながら見ていました。

お魚たちを見ていると、このお魚は食べられるのかな~?とついつい食い意地がはってしまいます。

大水槽で泳ぐ魚たちは活きが良く、元気に泳いでいました。
仲良く泳いでいるようにも見えました。

新江ノ島水族館にて:岩礁

とてもきれいな色彩の岩礁でした。

新江ノ島水族館にて:魚眼レンズみたいな窓から

丸い窓が魚眼レンズみたいです。

新江ノ島水族館には深海の生き物も展示されています。
海洋研究開発機構(JAMSTEC)と協力し、日本で初めてとなる深海生物の長期飼育法に関する共同研究を実施中だそうです。

深海の生き物は、なんとなく不気味さを感じました。
11月20日付、読売新聞夕刊に載っていた三重・鳥羽水族館のダイオウグソクムシは絶食4年という記事がありましたね。
新江ノ島水族館にもダイオウグソクムシ(大王具足虫)がいましたよ。

世界最大のダンゴムシの仲間なんですって。
風の谷のナウシカ風に言うとオームの仲間(笑)

新江ノ島水族館にて:深海の生き物 ダイオウグソクムシ

赤い色の光りは深海の生き物には感知できない光りの色なんだそうです。
赤色じゃないとダメなんですって。
太陽の光りが届かない場所・・想像ができない世界です。コワイ

新江ノ島水族館にて:深海の生き物 ゴエモンコシオリエビ

ゴエモンコシオリエビはふさふさした胸毛でバクテリアを増やし短い脚を器用に使ってかき集めてバクテリアを食べるそうです。
全身真っ白で色素を持っていないので茹でても赤くならないんですって。

深海も深海に生きる生物がいて成り立っているのだと思いました。
きっとまだまだ未発見の生き物がいるのでしょうね。
ほんの少し見ただけでも深海って神秘の世界だと思いました。

新江ノ島水族館にはクラゲファンタジーホールがあります。
クラゲがとてもキレイでした。
クラゲの写真は次回に続きます(^-^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。