2018/01/03

安らかな旅立ち

チュンは今まで看取った猫ちゃんの中で一番安らかな臨終だった。
日頃から抱っこされたり、撫でられたりが大好きで、チュンからおねだりしてくるほど好きだった。

水分さえも受け付けなくなり、もってあと数日というあまりにも悲しい現実が刻々と近付いてきていた。
わたしは時間の許す限りチュンを抱っこしていた。
猫ちゃんによっては、元気な頃は抱っこが好きでも死に際は嫌がる子もいるのだけど、チュンはずっとわたしの腕の中にいた。
時には椅子に座りチュンを膝の上にのせて名前を何度も何度も呼んだ。
その度にチュンはシッポで応えてくれた。
左右にゆっくり振って聴こえてるにゃ…と言っているかのように。
抱っこしていてもチュンの名前を何度も何度も繰り返し呼んだ。
わたしの口元にチュンの頭がくっつくくらいに抱っこしている時もチュンは左右にゆっくりシッポを振ったり、ピクピクと小刻みに振ることもあった。

名前を呼ぶとシッポで応えてくれていたチュンにいよいよ最期の時が迫ってきた。
チューンちゃん。
チューンちゃん…反応が…無い。

明け方、チュンが呼んだのだろうか。
目が覚めてチュンをみたら呼吸に異変が起きていた。
すぐに抱きしめた。
何度か深い呼吸をした後、わたしの顔を見つめたまま腕の中で生き絶えた。
苦しまず、眠るように、安らかな死だった。
死に顔は笑っているようだった。

チュンちゃん、おつかれさま。

死んでしまったら逢いたくても逢えない。
でも、逢いたいよ。
今でも逢いたい。

2017年11月10日 午前5:56頃
チュン 永眠

旅立ちの前日のチュンちゃん


白猫★チュンちゃん
完結




20180102194720.jpg
2017/09/06

チュンちゃん、久々の病院

ペットシーツが血尿で赤く染まっているのを見てびっくり。
誰だ??誰だ??とオシッコする姿を見つけては確認していて、誰かと思えばチュンちゃんでした(;_;)
今回は病院に連れて行かなきゃ治らないと思い、行ってきました。

先生の診立てでおおよその状態は把握できます。
それには医師の経験の多さと信頼関係が必要かもしれません。
尿検査、血液検査をすればどのくらい悪いかがわかりますが、あえて私は不要だと今までの経験から考えるようになりました。





腎臓も悪く麻酔は無理。
麻酔無しで抜歯してもらいました。
お見事❗️



鼻ダレも改善されて食欲も上向き。
よくがんばりました🖤

2017/06/18

まるでジェットコースター

またもや危ない状態に陥っていたチュン。

今度こそダメかも…と思いました。
水しか飲めない日が続きガリガリ…

ところが…またしても復活❗️
チュンの生命力はスゴイ。



まだまだガリガリですがお気に入りの場所で爪とぎする姿も見られるようになりました😃

良くなったり悪くなったりを繰り返して徐々に弱っていくと一般に言われることもありますが,チュンもそうなのかもしれません。
だんだん上り⬆︎と下り⬇︎のサイクルが狭くなってきているように感じます。

外にいたらすでにこの世にはいなかったと思います。

ある日を境に姿を消した…それだけは避けたかったのです。
2017/02/04

ドン底から少し上向き↑↑

痩せたチャコにばかり集中していて、チュンのことは安心しきっていたらチュンがドン底に落ちた(;_;)
また黄疸がでていて、ここ3日くらい何も食べられなくなってしまった。
ドン底に落ちてからは、先ずはチュンちゃんを抱っこ。
口内炎だと思うけど口臭がキツイ。
チュンを最優先にした甲斐あって上向いてきた。
抱っこして愛情を集中させると治癒力が高まるのかなぁ⁇治ってくる時期が偶然重なったのかもしれないけど。



なんか元気ない…と感じていた時の写真でこの後いっきに悪くなってしまった。
今は少し上向き↑↑↑
2017/01/06

マジ⁉︎すごいなチュン坊







ダミ声炸裂、体重も増えたチュン坊。
1枚目は痩せて、もうダメかもと思っていた写真。2枚目はちょっと復活してきたけど黄疸がまだ確認できる写真。3枚目は一昨日の写真。太って黄疸も消えた!水分しか受け付けなかった時からは考えられない復活。
すごいなー、チュン坊。
改めて自然にまかせることを思い知ったよ。


エコにゃんアマゾンで買ってみたー